かすみ荘 - 雑文:雑誌広告比較検討
[もどりゅ]

021. 【雑誌の財布広告比較検討】 (2001.02.23)

・女性自身を読んでいたのである。といっても定期購読をしていた訳でも無いし、立ち読みしていた訳でも無く、もちろん駅のごみ箱から拾った訳でも無い。母が購入してきたんである。時々暇な時に買って来て、ざっと読んでいるらしいのだが、こうして読んでみると表紙と中身のニュアンスが違ったりしているあたり、何ともいいようのない微妙な感じが人気の秘訣なのかなぁ、などど思ったりして。

・さて、何気なく広告のページを見ていたら、軽いデジャヴを感じたのだ。デジャヴ、日本語で既視感。初めての風景や状況を、過去にあった感じがする事である。その内容だが、

?幸運招来 脅威のパワー 開運財布?

である。

・文面によると、某主婦はこの財布を購入した途端、宝くじが一億円当選。まさにミラコゥなパワーが宿っているらしい。お財布はオシャレな(かすみはそうは思わぬが)ピンク色に、開運を呼ぶ招き猫のワンポイント模様。さらにパワーストーンをあしらっているという豪家さ。これで一万うん千円、これを買わずに何を買う。

・にしてもこの写真。リビングで浮かれた家族が札束をテーブルに並べ、かつ家族揃って両手にもっている。なんか非現実的な構図だ。ふつー並べないだろ。ばれるもん。近所とか親戚とか怪しい宗教団体とか強盗とかさ。そんであちこちからちょっかい出されるよ、本当だったら。ま、人それぞれだから、宝くじあたったにょー、雑誌に家族全員でのるにょー、とかゆう能天気な一家もいるやも知れぬ。

・で、ぺらぺらとページを戻る事しばし、

?開運 龍神パワー 風水財布?

を発見したのであった。

・文面によると、某主婦はこの財布を購入した途端、宝くじが一億円当選。まさにミラコゥなパワーが宿っているらしい。お財布はオシャレな(かすみはそうは思わぬが)黄色に、開運を呼ぶ龍のワンポイント模様。さらに風水に基づいた呪法文様金箔押しという豪家さ。これで一万うん千円、これを買わずに何を買う。

・構図も同じであるが、家族が違う。世の中にこんな能天気な家族が2世帯もあるのだろうか。昨今は外国人の強盗団も珍しくないのだが、こちらの御家族の方々は、?げんなま?をちらつかせて雑誌に掲載されるという事に全く不安を感じないのであろうか。まあ、良いとして、家族が違うだけで構図も当選額も一緒のこの広告。なにやら大変怪しげである。本当に幸運財布、招運財布なのであろうか。

・もしかすると幸運財布系、広告写真イメージフォト商売などがあるのかも知れない。いや、もちろんやらせなどではなく、純粋に真実やも知れぬが・・・。

・とりあえず今日のところは許してやる、と思ったが、のち、幸運財布に付いているパワーストーンにそっくりな石の付いた?脅威のパワー ミラクルブレス?を発見した時には、もう、どうしていいのかわからなかった。ので、どうもせずに雑誌を閉じた。

前へ雑文のトップへ次へ