かすみ荘 - 雑文:おめでとうございます
[もどりゅ]

048. 【おめでとうございます】 (2001.04.03)



・電話が突然鳴った。電話は通常突然鳴るのだから、わざわざ書かなくても良いのだけれど、突然と書いた方が急に音が鳴った時のイメージを伝え易いのだからそれで良いと思う。

「はい」

「沙羅かすみさんですか」

「そうですけど」

「おめでとうございます」

・いきなりおめでとうと言うのは、市川染之助・染太郎師匠か、お正月に始めてあった人か、福引きで末吉以外が当選した時の係りの人くらいしか、心当たりが無い。現在懸賞に応募している心当たりも無いし、誕生日も先月に終わっているし、電話から聞こえるのだから福引きのがらぽんをまわしている訳でも無いし、今やってた事と言えばパソコンでお絵描きしていただけである。それともあどびは使用状況を何かの発信機を使用し、全て把握して、ときどき懸賞を実施しているのか?

・当然、そんな事がある訳も無く、電話の向こうの(推定)若いお兄ちゃんはなれなれしく話し掛け始めた。

「沙羅さんにはこの度ほにゃらか株式会社のほにゃらか事業部が行っている、OLさん限定、ほにゃらかなんとかサービスを受ける特典を手に入れられたんですよ。ほにゃらかなんとかサービスは、いままで色々な懸賞やアンケートに答えてもらった人の中から抽選をして、ランダムで選んでいるんです」

「それはそれは結構な事で」

「よろしいですか?ほにゃららなんとかサービスは・・・」

・ほにゃらかの部分に入る名称などすっかり忘れてしまったが、立て板に水の如きお兄ちゃんのなれなれしいしゃべりは、大筋覚えているが、こんな下らないお兄ちゃんのしゃべりをインプットしてしまうとは、なんとも脳みそのハードディスクの無駄遣いであろうか。文章にすると上の様だが、実際は、ですよぉ、サービスわぁ、ですぅ、といった感じ。まっとうな営業の人間なら使わないであろう発音のオンパレード。渋谷で若い女性をキャッチしているお兄ちゃんのしゃべりと何ら変わらないのだ。

・とにかく、ほにゃらかなんとかサービスに登録すると、海外旅行やブランド品をお得なお値段で提供してくれたり、映画の試写会に行けたり、パーティーに出席出来たり、高級エステの体験が出来たり、英語会話教室に激安で通えたり、豪華な特典満載されたほにゃらら通信をもらえたりするらしい。

・さらに、今ならパソコンの資格を無料で通信教育実施中で、女性がこれからの社会に羽ばたく為のビッグちゃーーーーーーんす!なんだそうな。何の事は無い、型落ちだか、バルクの不良だかのパソコンを売りつけるつもりらしい。さらに、会員が新会員を誘って入会されると某有名信販ギフトカードも貰えるマルチな特典も付いてきちゃう。こゆのにはまるとそれこそお尻の毛まで抜かれちゃうらしいが、そもそもお尻に毛が生えている人は多いのだろうか?見た事が無い様な気がする。旅行先の大浴場でも見た事が無いし、例えとしてもずいぶん汚らしい名称である。かすみもそんなもん持っていないのだから、お兄ちゃんの目論見は外れているぞ、と、違うか、これは例えだから。

「いかがですかぁ?」

「仕事が忙しいし、それもCADのオペレーターやってるから今更資格なんていらないです。英語も不自由していないし」

「えっ!?あ、でも海外旅行に激安で行けるからぁ」

「会社の海外研修もあるし、良く行くからわざわざそんな事で行かなくてもいいんです」

・嘘である。パスポートすら持って無いのである。前に大人の証明として実印登録をしに行ったら、パスポートも免許も持っていない人には即日発行出来ませんと言われ、悔し涙で枕を濡らした事もある。嘘です、発行はしてもらえませんでしたが、そんな事で泣いたりはしていません。CADオペレーターっていってもたいした仕事をしている訳でも無し、このwebもタグが打てなくって(本を見てやるのがかったるい)フロントページで作っているくらいだ。英語も林檎をappolと書いて以来、日本人として生きて行く事を、国際結婚はしない事を誓っちゃったくらいなのだ。

「それにスタイルも抜群だし、顔はローマの休日のオードリーそっくりだし、インターンの婚約者もいるし、働かなくてもお婆様がお小遣いを下さるのでわざわざサービスなんてお受けしなくても結構です。おーほほほほほ(激しい高笑い)」

「あっ!!失礼しましたっ!!!」

・切れてしまった。ま、これでも切らなかったら根性に敬意を表して入会してもいいかな。すぐ解約するけど。に、しても何処でPHS番号を手に入れたか聞けば良かったかな。

「あーあ。オードリーヘップバーンみたいな顔になりたいなぁ・・・」

・でまかせも言い過ぎると空しくなると解っていながら、ふざけるのを止められないかすみだったりする。

前へ雑文のトップへ次へ