かすみ荘 - 雑文:大韓民国へっぽこ旅情1
[もどりゅ]

083. 【大韓民国へっぽこ旅情1】 (2001.06.27)



○ういー、ぎゅここ、ういー、ぎゅここ、ういー、ぎゅここ。

うっさい。

〇先頃、10年期限の日本国旅券を手数料が高いと文句を言いつつ、交付して貰ったのだけれど、ついに旅券(要はパスポートですな)の出番がやって来たのである。お一人様、オプション込みで10万円弱、韓国あかすり火肝蒸幕サウナエステ満喫コースの始まりは、ワイパーのイカレたリムジンバスによって、不吉なスタートを切ったのだった。横浜のバスターミナルYCATから成田までは3500円も取るくせに、ワイパーが壊れているのが納得いかぬ。第一YCATという名前からして如何なものかと思う。横浜シティーエアターミナルを約してわいきゃっと。某ういないてっどすていつの戦闘機トムキャットを彷彿させるのがちょっといやん。

○9:30の便に乗る為には7:30には搭乗手続きをしなくてはならないらしい。一日の内の12分の1を使う必要があるのだ。ああ、勿体無い。YCATから成田まで、1時間半見ればいいらしい。で、そのYCATまでが30分。乗り換え時間を考慮しなくてはいけないから、その為にあちきが起きたのが4時半。こちとら眠いのである。実は昨日の10時には熟睡していたので、6時間半は寝ているのだが、早朝と言う単語だけで眠いのだ。それをイカレワイパーが邪魔している。

〇今回の旅は、あちきと母、妹の女三人旅である。女が3人寄るとかしましいというが、いきなり妹が鞄に着けて来た犬君マスコットを無くし、大捜索の上発見されると言う軽いジャブもこなし、免税店では喫煙者のお土産の為に煙草を3カートンも購入。前途多難の様相を呈してきたのだった。

○さて、搭乗する飛行機は大韓航空。飛行機に乗るのは高校の修学旅行以来のあちきは、どうもこいつが墜落する様な気がしてならない。昔話ではあるが、日航機墜落事故という映像がぱかぱかと脳裏に映る。これってあちきが幾つの頃の話であろうか。とにかく釜山に大韓航空機が墜落したのだよ。(実際の事故と記憶に間違いがある事をこの時点ではあちきは気づいていない)エコノミーシートにおいてあるちっちゃい枕を抱えて、恐怖とともに飛び立つあちき。こう言う時に限って、ジェット機は何トンもある、とか、浮力と言うのは物凄い効果があるが、体制を整えないと全く効果が無くなるとか、高度一万フィートという単位はもうすごい高さで、落ちるまでに時間がかかるから、その間ずっと怖がっていなくてはいけないんだなとか考えたりした。しかも、あちきは高所恐怖症と閉所恐怖症だったので、息まで苦しくなってしまい、めちゃめちゃ弱った。しかも、衰弱している所に、

「お食事でごじゃいますぅ」

〇カレー、である。衰弱しているのにカレー。っていうか、機内食でカレーっておかしくないだろうか。香りもすごいし。さらにさらに、韓国の方は日本語の発音がちょっとおかしい。ざ、が言えないらしいのだ。破裂音が多いので、英語の方が断然奇麗なのである。顔立ちのはっきりした奇麗なスチュワーデスさんがごじゃいますぅ、というのだから、さらに弱る。へたへた。それでもカレーは食べた。デザートも食べた。コーラも飲んだ。そして着陸。命が助かったと言う思いがちょっぴりあって、やや青ざめた顔で韓国に到着。

○入国審査で大人しく待っていると、隣の受付でおばさまが一人エキサイトしていた。どうやら入国カードを書いていなかったらしい。・・・、それより何より、おばさま、そこは韓国人用受付と書いてあります。貴方は韓国の方なのでしょうか。なぜがあちきが恥かしくなって来ました。初めてのあちきとしては、入国審査の時にさいとしんぐ(観光)と言わねばならないという話を聞いていたので、パスポートを出していまかいまかとわくわくしていると、さっとパスポートを返却され「気を付けて」などと日本語で言われてしまいました。あれー?っつーか、あちきそんなに気を付けないと隙だらけ?しくしく。

〇今回のツアーでは、中年のご夫婦と全く同じ行程で、空港まで迎えに来てくれた添乗員さんはあちきと同じ歳。早速観光の基本、免税店に強制連行されました。しかし、この移動の車内に異様なほどの匂いが充満しているのでする。飛行機で弱った所にさらに攻撃を食らい、やっと降りれたと思ったら、

「お客様〜、韓国キムチ、韓国海苔、おいしですよ〜」「お客様、何お探しですかぁ、こちら新作ですぅ」「お客様、靴、サイズありますよぉ」

〇要らぬ。要らぬともさ。ブランドもののバックも海苔もキムチもアメジストも陶磁器も要らん。うがー。くらくらとしながら店を出て、韓国高級ホテル新羅ホテル(ホテルの免税店に連れて行かれたのだ)の外観を撮っていると、母と妹が「買っちゃった」と報告。早速韓国免税マジックに踊らされているご様子。妹は良いとして、母よ、年金生活ではないか。父が泣くぞ、おい。

○やっとホテルに到着。明洞のロッテホテルにチェックイン。ここも高級ホテルらしい。母曰く、女だけの旅行だから高くても安心なホテル、という事なのだけれど、何故、エクストラベットが入っていないのでしょうか。高級ホテルはこういう間抜けな事をするのでせうか。しかもご夫婦の部屋は片付いていなかったとの事。駄目じゃん。

○夕食は焼き肉食べ放題のカルネステーション。どうでもいいけれどここまで来ても日本語の方が多く耳に入る。どうやらあちきをどっきりさせるつもりか?実はここは韓国ではなく日本なのでは?ホテルの人もお客様も、みんな日本語を話していたぞ。うみゅ。一つだけ問題と言えば、あちきを騙しても何の意味も無い事だな。うみゅ。そんな事を考えながら焼酎を2本ちょっぱる。

○夜は明洞地区をぶらぶら。安いアクセサリーを購入。謎のウサギマスコットがそこかしこの露天で売っている。買おうと手に取ったけれど、露天のおばちゃん達は日本語も英語もが出来なくて、値段がわからない。やっとああ、日本じゃないんだなぁ、と気づく。遅っ。

〇雑文のTOPへ〇TOPへ〇次の雑文へ〇

すみません、あんましおもしろくないです。旅行の終わり頃からお腹を壊しました。原因は不明です。自動販売機のカップジュースのせいかなぁ。

前へ雑文のトップへ次へ