かすみ荘 - 雑文:どっちも犬ではないのか
[もどりゅ]

117. 【ぐ〜ひ〜とぷるぅと】 (2001.09.12)



○防災の日にねずみ〜ランドに行きました。某千葉県から行ける夢の国です。ただし、この夢の国の管理人の後ろに控える、メリケンの国の元締め団体はお金が無いと夢は売ってくれません。過去に日本のいたいけな小学生が、卒業記念にプールにねずみ〜ランドのキャラクターの絵を描いた所、メリケンのねずみ〜秘密スパイ団がそれを発見。高額の著作権料を払うか、即刻消せ、と本部が言ってきたのでそうです。で、公立の小学校でそんな大金払えないという事で、泣く泣く記念作品を消したという、夢の欠片も無い逸話もあります。実に心冷えますね。

○とはいえ、ねずみ〜の言いたい事もわからないでもありません。その小学校にそれを許せば、全ての国の教育機関が無許可でねずみ〜キャラを使っても構わない、と認識されてしまう恐れがある訳です。そうなってしまえば、さらにその他の線引きがわからなくなってしまい、挙句、膨大な著作権料をとりっぱぐれるのです。メリケンは日本よりももっともっとがっちりした資本主義なので、儲けられる事をみすみす溝に捨てたりしないのです。1セントでも稼がねばならないのです。金稼ぐ+金貯まる+金がっぽがっぽ=アメリカンドリーム。金無い=人生の負け犬。そうです、億万長者になるか、強制労働所に行くしかないのです。だって人生ゲームだってそうだもん。

○ともかく、千葉の中にある様で居て、住所も千葉にあるらしいのに、ここは夢の国だと主張しているねずみ〜です。飲食物を持ち込んではいけないのは、夢を壊すからです。お弁当は日常だけれど、ねずみ〜のキャラつきのコップは非日常。何となくこじつけの様ですが、そう主張しているのでそうします。それに見つかると退場させられてしまいます。あ、戻っては来られますけれど。でもねぇ、だったらお金が一番日常ではないかとも思うのですけれどもねぇ、でもあまりぐじぐじ言うと「そう思うなら来なくて構わない。うちはあんたに来てもらわなくとも人はがんがん来るからねぇ」と反撃されて出入り禁止になってしまうかもしれません。王国では王に従わないと殺される事もあるのです。実際、シンデレラ城の地下には拷問室も牢屋もあるのです。あ、そういえばねずみ〜ってシンデレラやピノキオの童話を書いた人(もしくはその関係者)に著作権料払っていないんじゃん。いくら不明とはいえぼろ儲けだねっ。

○そんなねずみ〜に何故行くかと言うと、あちきは遊園地が大好きなのです。先日ねずみ〜し〜に行ったばかりですが、ねずみ〜にも来てしまったのはライドに乗りたかったからです。彼氏が開園当初のねずみ〜で全然アトラクションが乗れなかったし見れなかったという大義名分もあるので来たという建前もあるのですが、とにかく乗りたかったのです。お金はそれなりに用意しました。お金を持っていないと王国に入場する事すらまかりならないのです。大人は5500円です。一応割り引きカードがあったので5100円です。入場だけは出来ません。フリーパスポートしか売っていません。アトラクションをこなさねば元は取れません。貧乏根性です。

○さて、ぼげ〜っとねずみ〜の町でめち(飯)を食っていると、犬が浮き輪をして水中眼鏡をして、お子様に囲まれていました。ぷるぅと君です。茶色いわんこです。大人気です。その後、シンデレラ城の脇で奇抜な服を着た犬がねえちゃん兄ちゃんに囲まれていました。ぐ〜ひ〜君です。白いわんこです。どちらもわんこですが、ファンの年齢層が微妙に異なる様子です。あちきはねずみ〜のキャラは好きではないのでぼげ〜っと眺めていました。

○翌日、遊びに来た小姉ちゃんにちょっとした質問を投げかけてみました。

「ねずみ〜の犬、知ってます?」

「ああ、あほとか何とかいう名前の犬と、冥界の王様ね」

「えぇ、ぐ〜ひ〜って科学者なんですよぉ」

「はぁ?犬じゃん。ぐ〜ひ〜って阿呆の意味があるらしいよ。」

「へ〜。それはいいんですけれど、同じ犬なのにずるいですよね」

「何が?」

「だってぐ〜ひ〜はみき〜の頼れるお友達なのに、ぷるぅとは飼い犬なんですよ。二足歩行と四足歩行で、服を着ているのと裸、ですよ。首輪とかさせられているし」

「ん〜、ぷるぅとが服を着て、二足歩行が出来る様になったらお友達に格上げされるんじゃないの。あたしはみき〜嫌いだからそれはそれで格下げの様な気もするけど」

「かすみさんもみき〜嫌いですけれど、こりは不公平だと思う。ぷるぅとが可哀相ですよ。裸、ですからね、裸」

「うむ、ねずみ人間とお友達になる為には共通語を解し、二足歩行を行い、着衣を身に付けねばならないのであろうな。うん」

「裸〜。やぱしパンツは必要ですよね、パンツは。コートめぇぇぇんも捕まっちゃうし」

「うぬ、せめてパンツは着けておかないと。よく交通事故の時におにゅぅのよさげなパンツを履いていないと、入院中看護婦さんに?あの患者さんぼろぼろのパンツだったのよぉ?と言われている様な気がした、という人も結構いるらしいしね」

「では、ぷるぅとにパンツ計画をこそりと立ててみます。ねずみ〜ワールドで後ろからぷるぅとを捕獲、パンツを履かせる。ランドやし〜のぷるぅとは既に二足歩行を可能としているし、観光客の写真撮らせてなどの言語も理解している様なので、後はパンツを。そして所有者が居るという証の首輪をぶんどれば・・・」

○その後、一度お帰りあそばした小姉ちゃんからこんなコメンツが。

「お嬢ちゃん、今さっき気づいたんだけれど、最近人気のぷぅは下半身裸だよ。ピタTしか着ていないよ。でも二足歩行で人間の友達もいるよ」

○ねずみ〜恐るべし。確かにぷぅはぴちぴちティーシャツで下半身は裸である。熊とはいえいかんのである。しかしながら人語も解す様だし、色々な帽子までかぶってしまう。帽子をかぶるより先にパンツを履いてはどうかと思うのだが、ぷぅとみき〜の世界はリンクしているのかいないのか微妙な所なので、パンツを履いていなくても二足歩行ならお友達なのかも知れない。ぷぅのお友達のとらさんは裸、だし。

○あれ、まてよ、あひるのカップルはパンツ履いていたっけ?シャツだけで良いのか?

〇雑文のTOPへ〇TOPへ〇次の雑文へ〇

前へ雑文のトップへ次へ