かすみ荘 - 雑文:いやだって非生産的だし
[もどりゅ]

136. 【こりは無駄な時間では無いか】 (2001.12.10)



○風邪ひきさん、である。風邪薬も飲まないで頑張ったらこんなである。うみゅみゅみゅ、飲むものか、飲むものか。最近献血だってやってないなり。こりはいけない、いけない。どうして献血が出来ないかと言うと、献血をするには白血球が多すぎるのだ。何で白血球が多いかと言うと、風邪を引いているので体の中で白血球でばい菌を退治しなさいという命令が出ているからだ。多分。どうでもいいけど、ちょっとの成分の異常も許さない献血システムの為に、献血出来ない事について、あちきは不満を持っている。いいじゃん、風邪のウイルスが混じってたって。(全く良くないです)

○お子様の頃、かこさとしさんの絵本で血液の事を読んだ。実に素晴らしい内容で、小学校一年生のあちきにも、血液の事がぱっきりわかって、血液博士な気分であったのだが小学校で披露出来る知識ではなかったので、知ったかぶりなあちきとしてはかなり不満であった。題名は?赤い血青い血茶色い血?であった様な。今、検索してみました。?あかしろあおいち?でした。どうやら?あおいめ くろいめ ちゃいろのめ?と混同したらしい。凄いぞインターネット、分からない事もそれなりに解決だ。

○そんな訳で、ぼげ〜っと休日を寝て過ごしたのである。あちきは自他とも認めるねこけやろう、いや、ねこけあまで、のびた君には敵わないが通常の人間の中では寝つきが良い方に分類される。しかも、ついさっきまで起きていて、会話もしていたのに、一気に落ちる。しかも、睡眠時間をたくさんとらないと機嫌と体調が悪くなるのだ。ので、土曜日は10時に起きてうどんを食べて寝て、1時に起きてパンを食べて寝て、6時に起きて鍋をつついて寝るという、生理現象とご飯以外の時間をほとんど全て睡眠時間にあてても夜ぐっすりという寝っぷりである。

○日曜日は流石に10時に起きてうどんを食べて寝て、1時に起きてお茶飲んで、年賀状のデータをちょっと修正してプリンタに送ってから寝て、6時に起きてシチュー食べて寝たので、睡眠時間は前日より少ない。それでも延々寝ていたけれど。しかも夜もぐっすりだし。

○ナポレオンは一日4時間しか寝ていなかったというが、ナポレオンが本当にそうだったかはわからない。しかし、今のこの現代にも4時間くらいしか寝ていない人がいるそうな。その名はドクター中松。ドクター中松といえば、フライングシューズとか、フライングシューズとか、フライングシューズとかを開発した発明家である。うにゅう、あちきの文章ではフライングシューズしか開発していない様であるが、そうではない。しかし、有名な所ではフライングシューズ・・・(だから止めろ、自分)。ええと、フロッピーディスクも開発している。そんでもってその特許を買おうとして日本愛be笑むの社長がヘリコプターでやって来たという話も聞いた事がある。ヘリコプター云々は本当かどうかわからないが、フロッピーを開発したのは本当だ。凄い。

○そんなドクターであるが、睡眠時間を減らしている理由というのが、ゆっくり寝てなどいられないかららしい。寝ている間というのは、脳みそが休んでいる時間になってしまうので、まだまだやりたい発明がいっぱいあるドクターとしては寝るなど勿体無くて出来ないらしい。とはいえ人間寝ないと死んでしまうので、ぎりぎりのラインで寝ているらしい。しかし、ぎりぎりにも関わらず、ドクターは眠くならないらしい。うう、凄いぞ、ドクター。

○で、あちきとドクターの平均睡眠時間を比べると、7時間と4時間だ。これでもあちきは自分なりに減らしているのだ。一時期は8時間以上寝ていた。ある意味凄いぞ、あちき。いまどきは小学生だってそんなに寝ていないのではないか。二人とも80歳まで生きるとする。一応0歳から15歳までは平均的な子供として同じ時間だけ寝ていたとしよう。ドクターは学生の頃からあんまり寝なかったらしいけれど。なので、16歳から80歳で計算。日数はうるう年も含めファジイに計算して24106日。ドクターは96424時間寝る。あちきは168742時間寝る。一気に睡眠を取るとするとドクターは24106日中4017日、寝る事になるが、あちきの場合、7031日も寝ている。こりはもったいない。ドクターの様にすれば、あちきも今ごろカンガルーシューズを開発していたかも知れない(無理)。

○などと、くっだら無い事を考えながら寝こけていましたが、計算は今やりました。寝ながら計算出来ませんから。ドクターは出来るのかな、寝ながら計算。

○んで、何でドクターなのかというと、あちきの妹がフライングシューズが欲しいと言い出したからなのです。本当に欲しいのか、フライングシューズ。しかもドクター中松の事をほとんど知らないし。仕方が無いので、ドクターのとっときの大発明を教えてあげました。その名も、醤油ちゅるちゅる。

○醤油ちゅるちゅるはドクターが子供時代、一升瓶から一生懸命お醤油を漏斗を使って、お醤油さしに移していたお母さんを見てヒントを得た発明なのです。そんで、それが大きくなったのが、灯油のきゅぽきゅぽ。あちきも子供の頃、どうして逆流しないのか不思議で、きゅぽきゅぽをのこぎりでばらばらにしてしまい、のこぎりも自分も灯油だらけになって怒られた想い出がございます。怒られはしましたが、それによって心臓の仕組みの図鑑を良く理解出来ました。ありがとうドクター。あと、あの時そのまま火を着けてあちきの抹消を図ろうとしないでくれてありがとう、我がご家族。

○昨日一昨日と合わせて24時間分くらい余分に昼間寝てしまったので、こりを取り返すには一日4時間を8日続けなくてはいけない。うう、無理だ。するってぇと、計画的にに時間を割り振ればいい訳だから、通勤時間に立って寝る、駄目だ、通勤時間は読書タイムだから。するってぇと、ええい、仕方が無い、仕事中に寝ちゃえ、寝ちゃえ。

○ぐう。

○こりはとてもいけない。

〇雑文のTOPへ〇TOPへ〇

前へ雑文のトップへ次へ