かすみ荘 - 雑文:芸術家の人は己賛美してを売り込んだりもすりゅ
[もどりゅ]

241. 【バナー雑文祭】 (2003.01.08)



○バナナ雑文祭なら我が父も参加できる、やも。

○今はちょっとあれでそれなので、報告していなかった雑文速報様が、このたびバナー雑文祭を開催された。過去に、まだ裏しま倶楽部がしましま倶楽部と名乗り、今の日陰の身とは違い、堂々とおひさんの光に当たっていた頃、雑文を更新する度に報告していたのだ。いや別に、サイトが本当におひさんの光線を浴びていたかと言うとありえないのだけれど。現在、インターネットを始めた我が父が、やっとしましまを検索しなさそうになったのと、あちこちのリンクを修正していただいた事から、やっと報告できそうだと思い、この雑文日記バナー雑文祭にのっかっていこうと思ったのだ、のだ。

〇う〜にゅにゅ。そもそも、バナーはどうしてバナーというのであろうか。あちきのつたないおみそでは、バナーの意味は一切わからない。兎も角、サイトにくっついている広告もバナー、サイトに飛ぶ目印もバナー、目印みたいにサイトに置いて「リンクする時に使ってね」というそゆものもバナー、一体なんだと言うのだろう、ばなななな。まあよし、気にするな、あちきよ、どうせ調べる気もなかろう。はい、お代官様のおっしゃる通りでございます。くくく、おぬしも悪よのう・・・っていつまでやるつもりか、あちきよ。

○さて、バナーである。ばなばな。あちきは過去に他人様のサイトのバナーを作成した事もあるバナー職人なのだ。いえ〜。どれくらい職人かと言うと、イラストサイトの主流バナーが40x200pixという事を知っている。これは大切だ。あちきのサイトの最初のバナーなど、そんな事も知らずに中途半端なバナーを作り、それを張っていただくというダメージを、数多のイラスト関係サイトに与えたものである。その後、一応サイズを合わせて作成したが、裏しま用のは作っていない。いやいや、怠惰なあちきに我ながらくらくらしてしまう。気が向いたら、しましまのしま部分に赤でばってんくれて、裏とでも書くつもりであったが、そんな単純作業も面倒なのだ。新しいやっつけ仕事は大好きだけれど、修正は大嫌いだから〜、びゅびゅびゅびゅびゅ。

〇折角、元(なのか?)イラストサイトの住人であるからして、此処はもう目の覚めるような芸術的なバナーを提供すべきであろう。大好きなミュシャも吃驚な、アールヌーボーで、アーティスティックな、ロココ感漂う、さっぱりとしつつも味がある、それでいて都会的な躍動感を持ち、思わずクリックしたくなるようなバナー、そんなバナーを作って、そのバナーを見た方々から限りない賛美と賞賛を受けるのだ!さあ!文章をメインとする雑文、テキストサイトの方々の中、イラストも描けるあちきの才能を存分に披露してやるのだ!頑張れ、あちき!駄目文章を書くだけでなく、お絵描きを描く事が出来る事を、こっそりと全世界に発信せよ!みゅるるるるる。

作ってみました

○ええと、ヤッパリPCの中には小人さんが住んでいると思うのです。だからその小人さんが文章を読んでいるイメージでどうかと思ったのですよ、ええ、ええ。それで、こう飽きの来ないテイスト感を出した訳なのですよ、うみゅうみゅ。どうせならポップでプリティカルな方がいいと思って頑張った訳ですよ(製作時間10分)。このバナーを置けば、雑文というジャンルの中で浮きまくり、それはもうクリックしたくなる事請け合いではないかと思った訳ですよ。え、そんな事無いと?みゅ!威嚇してやる、威嚇してやる、びゅびゅびゅびゅびゅ!

○さて、最後に一つだけ気になる事がある。どれくらい気になるかと言うと、名前も知らない木になるくらいだ。先に書いたようにイラスト関係のバナーの基本サイズが40x200pixとして定着しているのはいいとしても、テキスト、雑文関係のサイトにはバナーが無い方が多いのだ。むしろクールにサイトを一色になさっていらっしゃる方、重くなるから画像はおかないとおっしゃる方の方が多い。つまり、あちきが作ったバナーは、テキスト、雑文サイトでは邪魔なサイズであったりするのだ。みゅ、という訳だから、皆さんがその事を気になさるのではないかという事が気になってしまふ。うみゅう〜、気になさらない事を切に願うのだ。なにとぞ〜。

〇雑文のTOPへ〇

前へ雑文のトップへ次へ