かすみ荘 - 雑文:指が太くなれば解決するのですが
[もどりゅ]

256. 【一種の宝捜しのような】 (2003.03.29)



○歌を歌いながら鍋を温めていたのである。平日の夜、あの、大嫌いな残業を終え、帰宅して夕飯を食べようとすると、鳥鍋がでん、とダイニングテーブルに置いてあった。ので、名曲である煮えろ水炊きを歌いながらカセットコンロに火をつけ、足りないと思われるお野菜を放り込んでいたのだ。おつゆが足りなかったので、粉末鶏スープを加え、調味料各種を加え、歌いながら鍋をかき混ぜていたのである。

○何となく、手がすかすかする感覚がしたので、己の左手を見やった。そこには、白魚を並べたような、怠け者の指が5本、情も薄そうな薄らぺったい手のひらがあって、別段、手という機能に問題はなさそうであった。のだ、が。
 「なひ?」

○先刻までそこにあったものが無いのである。帰宅時には確かにそこにあり、さっき葱を切った時もそこにあったものが無いのである。正確には、そこにあったのではなく、そこにはまっていたもの、である。あちきの左手の薬指にはまっていたのものがないのである。
 「あうあ」
思わず口から驚愕の呟きが漏れた。辺りをそ〜っとうかがう。パパンは先ほどからどっちのくっきんのメッシュに憎しみを燃やしているし、ママンはそりてぃあに夢中だ。あちきに起こった異変には気づいていないらしい。う〜みゅ、気づかれると厄介である。そう、無くなったのは巷でエンゲージリングと呼ばれているものであるから。

○あちきは鍋をかき混ぜつつ、己の今日の帰宅後の軌跡を思い浮かべた。帰って来て、着替えて、葱を切ったのである。ついでにいえば、豆腐も切った。それでキッチンの調味料を出して、現在に至るのである。帰宅した時、指輪がはまっていたのは間違いない。なぜならば、愛犬ごすに手ごと指輪をなめられ、何となく嫌な気分になり、手と指輪を洗ったからだ。当然、指輪を洗って、またはめなおした訳だから、はまっているべきである。外界に落としたと言う事は考えられない。

○う〜みゅみゅ、やはり、少々ゆるいのが祟ったらしい。5号ではきつく、6号では少々ゆるいという状況で、どっちにしますかと聞かれ、「じゃあむくんで外れなくなると困るので6にして下さい」といったのが間違いだったのだ。あそこで、無理にごり押しし、「5.5って出来ますか?」というべきだった、いや「5.5にして下さい」というべきであった。6号の指輪はほとんど抵抗無く、すかすかと着脱出来ていたのだから。あちらさんも客商売であるからして、それくらいの事やってくれただろうし、それくらいの技術を持っていないはずがないのだ、のだ。

○ともあれ指輪である。あちきの好きな漫画家の作品に、少年三白眼というのがあって、その中で主人公のお母さんがエンゲージリングのダイヤを落としてしまい、えらい衝撃をうけるというくだりがあったが、作品に中には
 「何い!ダイヤを無くしたと!?離婚だ離婚!」
という想像に打ちひしがれるシーンがあった。つまり、見つからないと婚約破棄になるのであろうな。うみゅみゅ。
 「ネタとしては…」
いやいや、いけなひ、いけなひ。えらい事高価なネタになってしまう。しかも結婚出来なくなるかも知れない。
 「面白いかも…」
いやいや、いけなひ、いけなひ。いくら受ける事に至福を感じる雑分書きとはいえ、人間としてどうよ、といった事まで面白がってはいけない。

○念のため、帰宅後に立ち寄った場所をうろうろと探してみる。だいたい、指輪がちっちゃいのがいけないのだ。エンゲージリングのリングの部分だけ考えれば、大きくたっていいではないか。例えば、フラフープなみに大きいとか、たすきがけに出来るとか、ベルトみたいに装着できるとか、ついでに変身出来るとか、腕にはめるとか、ついでに時刻がわかるとか。直径2センチ程度のものを探そうというのが間違っている。いや、なくしたあちきが一番間違っているのだけれど…。

○結局見つからずにご飯を食べる事に。探し物は探すと出て来ないという法則があるからして、ご飯を食べているときっと出てくる。いや、指輪の方から歩いてくるね。てくてくと。<ありえません。

○鍋をお玉でがしがしとかき混ぜていると、そのありえない事が起こった。といっても、鍋のふちを指輪が歩いていた、とかそういう訳ではない。ご想像がつくと思うが、お玉の中の鶏肉と一緒に今日和と出て来たのだ。

○どうやら、葱を切った後、指輪を無意識にはずし、包丁を洗った後、切った葱と一緒に鍋に放り込んだと思われる。むう、煮込んでもダイヤは変質しないであろうか。いや、しない、多分。炭素であるからして、熱すれば燃えるはずだが、水の沸点である100度程度では大丈夫かと思われる。

○とりあえず指輪を洗剤で洗い、皮脂を洗い流し元通りはめる。うう、やぱしゆるゆる。次はどこに落とすのかと心配しながら食べた夕飯は、それはそれで美味しかった。・・・・・・。む、謎の出汁でもでているのか?<いいから早くサイズを直せ、あちきよ。

〇雑文のTOPへ〇

前へ雑文のトップへ次へ