かすみ荘 - 雑文:だって本当にやったら嫌がられり
[もどりゅ]

264. 【カレー練乳混入幻想】 (2003.06.03)



○先日、下条さんとおきかげさんとしゃあさんと一緒に、横浜の関内になるカレーミュージアムに行ってきまいた。カレーミュージアムとは、大手パチンコ会社がプロディースしている横浜の名所の一つで、パチンコ店の上階に2階分のフロアを用意し、あちこちの有名カレー店をみちみちと詰め込んだというあみゅずめんとぱーくなのです。う〜みゅ、このあみゅーずめんとの意味がわかりませんが、きっとあみゅさんという一族が色々な趣向を凝らしたテーマパークを作ったのにちなんでいるに違いありませぬ、いえ、そんな事はありませぬだろう、あちきよ。

○カレーである。お子様に好きな料理は?と聞いた時、上位3番目に入ると言う人気食品である。あちきの情報網、kasumiデムパネットによると、ハンバーグとカレーが1,2位を激しく争っていて、3,4位はオムライスとスパゲッティ−が争っているらしい。何ですか、そのデムパネットとは<kasumiによる、kasumiの為の、kasumi軍事衛星によるネットワークである<そんな思考をする自分がデムパです<違います、悪のデムパヒカラー波のせいです<ヒカラーとは某歌歌いのファンですか<違います。恒星ベテルギウスの方向から送られてくるデムパです<そろそろ止めませんか?<ごめんなさい。

○冗談はさておき、いや、本気ですが。うう、母さん、話が進みません。しっかりおし、マルコ。って誰がマルコですか。・・・・・・。落ち着けあちき、最近、どうも面白い文章が書けていないのであせりました。いえ、まあ、元々今ひとつなんですけどね。も〜みゅ、日々堕落しているからなあ。

○カレーと言うものは、外国から入って来て、日本の人気食品の座を不動のものとしている訳ですよ。殆どの家庭でよく作られる料理であり、そしてまた、独自に日本のカレーとして進化を遂げた食べ物な訳ですよ、多分。多分と言うのはカレーの歴史についてよく知らないからです。ともあれ、タイカレー、インドカレー、スリランカカレー、欧風カレー、ハイチカレー、ネパールカレー、コンゴカレー、ノルウェーカレー、ドイツカレー、カナダカレーなど、たくさんのカレーがある訳ですが、むみゅ?何やら嘘が混じっている様子ですが、まあいいでしょう、格さんも助さんもその辺にしておいてあげなさい。日本でカレーと言えば一般的には欧風カレーであると思うのです。何故かと言うと、あちきの家のカレーがそうだったから。とっしょりがいる時はハウスのジャワカレー中辛、めでたくなってからは色々変わりながらの大辛。この中辛とか大辛って変な言葉だ。で、江戸っ子ばさまはソースをかけて食べていた。あちきはうで卵をつぶして混ぜていた。いわゆる、カレーの使者、おきかげ大兄からするとカレーの冒涜者二名である。しかしそれ以前の問題として、じさまは畳イワシを砕いたものを入れていた。カレーは何を入れても力技でカレーにしてしまう食品である事を再認識させる、心温まるエピソードだ。

○そんな欧風カレーであるが、とにかく辛いの苦手なあちきはある時からぱったりと家のカレーを食べなくなった。カレーストライキを起こしたのである。カレーの日は一人だけ別のものを自分で用意するから要らないという強硬姿勢にでたあちきに、家族の和がどうのこうのと家人は文句をつけたのであるが、味覚は科学だの、生まれつきの舌のつくりが違うだの、痛くて何を食べているかわからないんだから意味が無いだの、その後暫く味覚が麻痺するだの、毎回水を飲む量が増えるせいで毎回お腹を壊すだのと激しく反発し、勝利と安寧と危険の無い食事を手に入れる事が出来たのである。まあ、シラス干しやフライドエッグやソーセージソテーや卵かけご飯といった一品だけしょぼおかずなのですが。にしても、目玉焼きをフライドエッグ、炒めういんなをソテーとか言うと高級な感じがしますな、むふふんむふふん。

○ともあれ、そんなこんなであちきはいつも声高に叫んでいる。甘いのもマンセー、と。そして色々なものに練乳を入れるという認識をされているようだ。つまり、あちきという存在は、練乳(コンデンスミルク・個人的にはコンデンスと呼称している)を持ち歩き、外で食事をする際は、必ず鞄から練乳を取り出し、それを料理に混入してにやりと笑う、そういうイメージをもたれているのである。ので、今回のカレーミュージアムで、札幌スープカレーを注文し、そのまま食べ始めた時、大兄、大姉の動きがひたりっと止まった。下条大兄は今年の阪神の強さの秘密を語るのを止め(あちきはバース神のせいだと思う)、おきかげ大兄は自サイトの更新停止の秘密を語るのを止め(実はまっちょほものネットストーカーに狙われている)、しゃあ大姉はS条さんとの結婚式の式次第の説明を止めた(海外で行うのであちきもついて行く)。そして、しげしげと普通にスープカレーを食するあちきをかんさつしているのである。もみゅ?何か変なことをいたしましたか?

○つまり、あちきがやおら鞄をごそごそと探り出し、練乳を取り出しねりねりとスープカレーに混入し、まくまくと食べると思っていたらしい。むみゅ、そりは大きな誤解である。練乳を持ち歩いていたのは遥か昔の事である。時代で言うと安土桃山あたりであろうか、中国では則天武后がジンギスカンと戦っていました<嘘です。2、3年前まで。しかも辛いものに入れる為ではなく、甘いものにかける為でした。あいあい。さらにいえば、それを認めてくれる人の前でだけやってました。つまり、あちきが糖尿病で死のうがどうしようが構わないと言う友人の前です。あと一人の時とか。お勧めの使い方は、温めたアップルパイにチョコレートアイスクリームをのせてその上からかけるとか、チョコレートパフェにかけるとか、チーズケーキにかけるとか。最近は職場で食べるお菓子量がうなぎのぼりに増えているので、一日の糖分摂取量がやっばーいことになっているので持ち歩くのは止めているのだ。

○という訳で、今回の出来事からここにあちきのスタンスを表明したい。コンデンスミルクは辛いものをマイルドにする為でなく、甘いものをより美味しく食べる為に存在するのです。そして、コンデンスミルク入りカレーと言うのは、作成時に入れておくべきなのです。そうしないと皆食べてくれませんからね。もきゅきゅきゅきゅ。

〇雑文のTOPへ〇

前へ雑文のトップへ次へ