かすみ荘 - 雑文:一日たったら惜しいような気がした
[もどりゅ]

269. 【花は見るだけなのにぃ】 (2003.07.28)



○奥様、大変ですわ、奥様、30万円超えてますのよ、奥様!

○何が30万円かというと、結婚式で使用する生花の代金の総額である。正確には33万2千円である。あちきの手取り給料よりも多いのである。30時間残業したって届かないでつよ、あはははは<間違ってます、うちの会社の給料。

○我々は結婚マジックにはまっているのだと思う。一生に一度だから攻撃を、もろに受けているのではないか。32万あれば、某えちげGLOWも1000枚のCDROMで作れちゃうのである。そうだ、結婚式の引き出物にGLOWを入れてはどうか?某雑文書きの人のクリエイティブっぷりとしらしめるのにいい機会ではないか。問題と言えば、その後の人間付き合いに問題が生じるのだが。あはははは。とはいえ、あちきが選んじゃったレストランウエディングの店は、手作りに気合が入りまくっていた。招待状も、席次も、名札も、メニューも、ウェルカムボードも手作りだし、ケーキのデザインまでさせられましたよ。ええ、ええ。上にのっかる人形の図なんぞも、フォトショップで描きましたよ、あちきは。あはははは。

○それはそれとして、一体なんでこんなにかかるのかわからないが以下、ざっと内訳。
チャペル装花:65000
会場装花:148000
演出用花:5000
ブーケ、ブートニア:114000
と、言う事らしい。さらに細かな内訳があるのだが、書いたところでどうなる訳でもなし、見て面白いものでもないので書かない事にする。とはいえ、挙式用ブーケ5万円ってなんですか?生まれてこの方5万円の花束なんぞ貰った事がありません。かつて、21歳の誕生日に21本のバラをもらった経験がありますが、1本千円としても21000円ですよ。5万だとあれですか?凄い機能とか搭載されてますか?もしかして空を飛んだりしますか?お花直しで持つブーケが35000円。こっちはあれですか、海でも潜りますか?もっきー!

○会場の方では、主役が座るところの花が50000円しやがって、これはもう、持って買える、絶対に!そんな気概にさせてくれるのですよ。お客様のテーブルには、持ち帰り自由のアレンジを各テーブル3個配置。某踊って婦人がご息女様お二方といらっしゃるので、そこのテーブルは3個無くなるとして、他のところで余ったら、お見送りの時に押し付けてやる所存でありますよ。持ってか〜え〜れ〜。

○お色直しをしない事にしたらば、お花直しなるものを勧められ、ウエディングドレスにお花をあしらってあちきが登場しちゃうのですが、それの花が21000円。高いか安いかわからないけれど、手首にリボンで花を巻きつけるだけで1個3千円ですよ。ありえないにゅ〜ん。

○そんな訳で、ごうじゃすな花を用意するのですが、気軽なレストランウエディングなので、花まで皆さんが見てくれるか、あちき心配でございます。ケーキに添えるグリーンまで有料なので、これはもう結婚産業マンセーとしか言い様が無く。そして、そんな花の似合わないあちきと某雑文書きの人。一体どうなってしまうのやら・・・。

◇今回わかった事:レストランウエディングは下手なホテルより高くつく。
◇わかったけどいい事:ご飯がとても美味しい。激しく美味しい。

〇雑文のTOPへ〇

前へ雑文のトップへ次へ