かすみ荘 - 雑文:子供はお菓子がもらえるというが
[もどりゅ]

279. 【だらだらだら】 (2003.10.19)



○専業主婦である。まごうことなき専業主婦である。どれくらい専業主婦かというと、仕事を辞めたとたん、体調を思いっきり悪くして、ご飯とお弁当を作り、ご不浄の掃除をする以外、一日中寝ていたり、ご飯とお弁当をつくり、洗濯をする以外、一日中寝ていたり、ご飯とお弁当を作り、再放送のドラマをチェックしたり、ご飯と(以下略)草野さんのトークでニュースを理解したり、学生やフリーターに混ざってネットゲームしたり、あちこちのスーパーまでの徒歩時間をカウントし、ゴミ置き場の後片付け当番が回ってきちゃったりするくらいの主婦っぷりである。

○とはいえ、手抜きばかりしているので、急にお客様の襲撃などあった場合、玄関に放置してある宅急便のブツを見られる上、リビングに放置してある洋服(上着とか)をダッシュで3階の寝室に運び込むのでいっぱいいっぱいである辺り、何をしてるのかという心の中の小人さんが日々突っ込んできたりもするが、まあ構うまい。旦那である某雑文書きの人も放任主義らしく文句言わないしね<実は言えないという可能性もあり。

○さて、そんな訳で、昼間は家に閉じこもったりしているせいで、仕事をやめてから10日以上過ぎるまで、ゴミだしエリアの班長である椿さんの奥様はあちきにゴミ当番の話を切り出せなかったらしい。というか、あれだ、引っ越してきてから最初の一ヶ月は会社に行っていたので「会社勤めの方は係りにならない(なれない)」という事情があるせいで、あちきが働いているのか、そうでないのかわからなかったらしい。9月には朝出勤して夜帰宅であったから完全に勤めている事がわかるし、10月に入ってからは昼間たまにでてくる隠れキャラみたいな状況であったから、声を掛けづらかったらしいのだ。だって、買い物毎日行くと余計なものを買って貧乏になるらしいから自粛してたんだもん。もみゅ〜。今月から個人的収入無いしねえ。もきゅう〜。

○でもでも、いつもいつも家にこもっていたのでは気分もあまり良くは無い。よって、先日横浜に買い物に出掛けた。市内とはいえ横浜駅に行くには電車に乗らなくてはいけない。ぴよぴよと歌を歌いながら駅に向かい、切符を買って電車に乗る。

平日の電車って空いてるにょ〜

などと思いつつ、ぼげ〜っと座席に座っていると、「急行との待ち合わせを致します。横浜、桜木町にお急ぎのお客様はお乗換え下さい」などという放送が流れる。仕事をしていた頃は、少しでも早くの電車に!とぎゅむぎゅむの車両にきゅうきゅうと突撃したものであるが、今日は(最近は殆ど)急ぐ事など無い。大人しく席に座ったまま読書敢行。

楽々にょ〜

天国のようである。雑文書きの人は今ごろ客先で小難しい説明を、判ったような顔でしているのであろう、が、あちきは太平楽に電車でお買い物である。

○横浜についてくだらないアイテムとお役立ちアイテムを買うために東急ハンズへ。ぶらぶらと売り場を回っているとご不浄へ行かねばならなくなった、ので、ご不浄に向かう。お役立ちグッズを売っている東急ハンズだけあって、ご不浄にも最新装備が搭載されている。スイッチ一つで川のせせらぎが流れ出すマシン、センサーで自動的に水を流すマシン、スイッチ一つで消毒液を適量射出するマシン、開けて所定の場所におにゃにょこアイテムを載せるだけで自動的に閉鎖するマシン。・・・?・・・。いまいちよくわからないのですが。まず手でふたを開ける。次ぎにおにゃにょこアイテムを所定の位置に載せる。ゆっくりと閉まるふた。

( Д ) ゚  ゚  ハァ?

○言いたい事がヨクワカラナイ。というよりも、このマシンの存在理由がわからない。確かに、自動的に閉まるのはいいだろう。が、何故に自動で開かないのか。そういうものを触って手を汚したくないと言うのであれば開閉しなくてはならないのだ。閉まるだけでは意味が無いと思う。自動ドアは開閉してこそ自動である。ジャンプ傘ではあるまいし、一方通行、しかも帰りだけというのは如何なものか。

○首をひねりながらご不浄を脱出。パーティーグッズコーナーにてハロウィングッズを前に呻吟する。暇な(暇なのはあちきだけという話もある)専業主婦たるもの、家の前を奇抜に飾り付けるのも一興であろう。お向かいの木蓮さんも、班長の椿さんも、斜め向かいの桜さんも家の前をハロウィン風味にしている訳であるからして、我が家もそれに乗っかろうと言う趣向である。電気で光るばかばかしいかぼちゃライト、繋がったお化けの紙飾りを購入し、おまけとばかりに花屋でちびっこいかぼちゃを二個購入する。正確には、ご近所の専業主婦の皆さんは、家の前にプランターを置いたり、衝立を立ててラックを置いたりして、素敵ガーデニング奥様なのであるが、横着をしてついつい緑を枯らせてしまう、逆グリーンフィンガーであるあちきにはこれが精一杯だったりする。しくしく。

○帰宅後、家に余っているイラストボードにかぼちゃにたかるリスのイラストを書いて、見た人を力技で納得させるべく?はろうぃん?と字を書き込む。うみゅ、まごうことなくはろいんである。さあ、あまたの子供よ、我が家に仮装で来てトリックオアトリートと唱えよ、さするれば、コスプレとは何たるかと小一時間・・・。

○さて、雑文書きの人である。そろそろ帰宅するとメールがあったので、あちきの家事作業の中では一応まともな作業であるうちの一つ、イラストボード設置後に作った夕飯の味噌汁を温めていると、

あ、メールだ

なんだこりゃあああああああ!

○どうやら何か心理的なショックがあったらしい。それにしても、なんだこりゃあではこちらも反応の仕様が無い。帰宅途中に一体何の出来事があったのであろうか。も〜みゅ、謎は深まるばかりである。

〇雑文のTOPへ〇

☆来月はクリスマスが待っている。今からわくわくである。近所の飾りには負けないぞ<競ってどうする、あちきよ。

前へ雑文のトップへ次へ