かすみ荘 - 雑文:さて、プリンタはどうしようか・・・
[もどりゅ]

282. 【総鋼鉄阿鼻叫喚ふもっふ?】 (2003.12.03)



○冬であるのだがぽかぽかと暖かく、小春日和なんて言いたくなるような日に、あちきはほてほてと外を歩いていた。我が聖地横浜に買い物に行くためである。元わが社製品、ぺくさすプリンタ君が「ごめん、姉御、おれっちのプリンタヘッドがぶっ壊れちまって、これ以上仕事が出来ねぇんだ。何とかしてくれYO!」と言うので、プリンタヘッドが買えるのであろうか、否かを確かめるために某ソフマップギガストアに出掛けたのである。みょみょみょ、お正月も睨んだこの時期に壊れるとは、プリンタの風上にもおけねいやつである。それともあれか?年末商戦にあわせて自動的に壊れるように細工している闇の組織があるのであろうか。う〜みゅ、侮りがたい<誰をだ。

○んで、ソフマップに行くならあるものを買ってきて欲しいと、旦那である某雑文書きの人に頼まれたのだ。あるものとはアニメのDVDである。でじたるびでおでぃすくが正式名称なのであろうか。買った事が無いのでヨクワカラナイが、某雑文書きの人が求めるDVDは「フルメタルパニックふもっふ」と言うらしい。あちきはそのふるめたるぱにっくふもっふとやらの画像も見た事も無いので、売り場をうろうろして探さねばならないのだ。

○さて、店舗の入っているビブレなるビルが先日リニューアルしたので、某ソフマップこと、光の世界もりにゅあるされていた。・・・。売り場がわからにゃい。う〜、折角どこに何があるか覚えたのに。あ、えちぃえちぃげむが、前は入って左奥、見通しのいいとこに置いてあったのに、一番右奥、元パソコン内部パーツの場所に移動している。こりはあれか?良い子達を守るための隔離、いやいや、教育的配慮か?

○プリンタ周辺置き場は店の中央島にあったため、店舗を一周した挙句、やっと発見。悔しいのでしばらくツヨインクプリンタを威嚇する。びゅびゅびゅびゅびゅ!勿論、プリンタを威嚇したところで何か反応を示してくれるわけも無く、大人しく引き下がり、周囲にプリンタヘッドが無いか探す。無いよママン・・・。お店の人に聞く。たっぷり5分程待たされた後、お店の人は「すみません、ヘッダーの替えを単品では販売していないんですよ。プリンタを持ってきていただいて、メーカー修理になります」と言ってくる。・・・。観音め〜!大名商売しやがって!修理かYO!あんな重いものを手弱女であるあちきに持ってこいと?だからあれだね、あちきがOLだった時に近所の人が「kasumiちゃんに渡したら会社でプリンタ直して貰えるのかしら?」何て何回も聞いてきたんだな。もっきゅ〜!

○無いものをいつまでも交渉していても仕方が無いので、修理の規定を聞いてから店員さんを解放して、ぶらぶらとDVD売り場に向かう。新作からチェックして、通常のアニメDVD売り場で探す。ええと、ふるめたるぱにっくふもっふ、ふもっふ、ふもっふ・・・。こっちも無いよパパン・・・。こういう時にはとっとと店員さんに聞くのが早い。DVD売り場の店員さんを捕獲する。

「すいません〜。ふるめたるぱにっく、ふもっふ、とかいうDVDありますか?」

あえて自己弁護しておくが、とかいうDVDありますか?というのは「ってゆうか〜、あちきはアニオタじゃなくって〜、頼まれたっぽい?って感じ?ってゆうか〜、ふるめたるぱにっくふもっふって題名おかしくない?」などという言い訳で言っているわけでは無い。見た事も無いアニメのDVDで、本当に発売されているかどうかもわからないDVDをきっぱりと言い切って調べてもらう事が出来なかっただけである。いや、かつて、某金色のガッシュのCDを買う時に「すみません〜、金色のガッシュとかいうアニメのちちをもげ!とかいうCD売ってますか?」とか聞いたけどね。売っているの知ってたけれど。一応あちきも妙齢の女性であるから「ちちをもげ!」はないかな〜と思ったのです。ええ、ええ。

○店員さんは売り場のカウンタに行くと、何やら台帳をめくって丁寧に答えてくれた。「売り切れです」と。

○みょ?そんなに売れ売れなのですか?ふるめたるぱにっくふもっふとやら。こうなると俄然悔しがってしまうあちきである。どんな内容かどころか、絵面すら知らないのに、何とかそのふるめたるぱにっくふもっふとやらを手に入れたい、入手したい、確保したいと思ってしまったのですよ。ほらほら、好みでは無いけどもてもてのおにゃにょこがキニナルみたいな。前評判でトリアエズ新げむ機の発売に並んじゃうみたいな。

○ので、その足で某ヨドバシカメラに向かったのだ。わざわざ6Fまで上がり、んで、DVD棚を見回し、平置きのDVDをチェック。無い・・・。

「すいません〜。ふるめたるぱにっく、ふもっふ、とかいうDVDありますか?」

「は?」

「は?」である。親切丁寧どの店員もあたりですとCMを流しているカメラ店の店員が、事もあろうに「は?」とは何事であろうか。いや待てよ、もしかするとあちきの言い方が悪かったのかも知れない。括舌が悪かったのかも知れない。はっきりともう一回言ってみる。それでも分からないと言うのであれば、耳元でゆっくりと、スローペースで言ってもいい。

「アニメのDVDで、ふるめたるぱにっく、ふもっふ、とかいう商品は入荷していますか?」

親切である。完璧である。しかもゆっくりとはっきりと、商品の分類を先に言うという気の効いた言い方である。店員さんも理解したらしく、引出しを開けたり、台帳を見た後、「申し訳ありません。売り切れました」と答えてくれた。・・・。って、ここもか。横浜ふるめたるぱにっくふもっふとやら消去計画実施中か?

○こっちも意地である。横浜老舗のCDショップ、某新星堂に乗り込んで探す。・・・。探そうにもアニメコーナー狭すぎ。その狭いところをナウシカ席巻しすぎ。でも念の為聞いてみる。すでにこの言いにくい、聞き取りづらいタイトルコールをするのが楽しくなってきた。

「アニメのDVDで、ふるめたるぱにっく、ふもっふ、とかいう商品は入荷していますか?」

アニメコーナーの少ないここでは、某ヨドバシと同じ台詞回しでいいだろう。店員さんはすぐに台帳を見た後、「すみません、入荷数が少なくて売り切れです」と返して来た。さらに「おとり寄せなさいますか?」と逆に切り返される。一瞬「じゃあお願いします。名前は徳田雨窓(とくだうっそー)です。雨に窓ガラスの窓と書いて、うっそーです。amadoプロジェクト内、徳田雨窓でお願いします」などとほざこうと思ったが、引き取りも頼まれて自爆と言う可能性もあるので我慢する。

○さらに足を伸ばし、某アニメイトに。もっきゅ〜、久しぶりの横浜アニメイトは様変わりしていた。あちきのアニメ趣味は結構昔に終わっている。あちきの心のアイドルはマミタソであり、ユリタソであり、その後ゲームに移行したため、キャラグッズや情報誌は買ったりしなくなったのだ。ので、お小遣いを握り締めて、熱くテニスボーイの持論を語ったり、限定カレンダーにハァハァしたり、両手に溢れんばかりのキャラクターグッズをおばあちゃんに買わせる少女を見て、微妙に身体が引いた。大体アニメが多すぎるのだと思う。ちょっとマンガで人気が出ればアニメ。ここから好きなアニメを選定するには、先ず初回なりの番組をチェックせねばならないだろう。昔なら一週間のアニメはたかが知れていた。しかしながら、現在は早朝、昼間、ゴールデン、深夜などと一日中何かがやっている。昼間の奥様劇場やニュース番組の裏で、衛星やケーブルでアニメががんがん放映されている。最早見ようという気にならない。とにかく当初の目的を果たさねば。

「ふるめたるぱにっく、ふもっふとかいうDVDはありますか?」

店員さんの動きはいままでに一番よかったです。ですが、返事は「売り切れ」との事。売れ売れか?大人気なのか?ふもっふとやら。

○プリンタヘッドも手に入らない、DVDも無いという状況で手ぶらで帰るのも悔しいので(小説は買ったが外出して本を買うのはデフォルト設定なので)、洋服購入。ぶらぶらと紙袋を下げながら、ついでに某そごうのDVD売り場に殴りこむ。わざわざ書くまでもないのだが、「取り扱っていない」とお答えいただいた。みょ〜、売り切れ売り切れと続きながら、百貨店には置いてもらえないのか、ふもっふ。

○帰りに某雑文書きの人と合流して、地元のCDショップ、家電ショップも覗くがどちらも空振り。あちきが店員さんに聞いてあげようか?というと、そこまでしなくても良いよ、と言われた。みょ〜、駄目である。自分で聞く位の勢いが欲しいものである。

○結局、完敗状態で帰宅。あちきは何処に行ったら入手出来るか、入手するまで「ふるめたるぱにっくふもっふ」と何回聞くのか考えている。で、だ、あちきはヒ少々間違いを犯していたようである。「ふるめたるぱにっく、ふもっふ」は正式には「フルメタルパニック・ふもっふ?」なのだそうな。もしかすると店員さんに「ふるめたるぱにっく、ふもっふ、くえすちょんしょんまーく、っていうDVDありますか?」と聞いていたら手に入ったかも知れないのだ。く!<アリエマセン

〇雑文のTOPへ〇

前へ雑文のトップへ次へ