かすみ荘 - 雑文:探し物をすると他のものが出て来たり
[もどりゅ]

292. 【紛失婚約指輪発見顛末】 (2005.07.15)

○つまりはあちきの勘違い。

○結婚前に婚約指輪と言う物を購入される、殿方も多いと思うのであるが、給料の3ヶ月分などという迷信が事の他浸透している様で、あちきが結婚する時に自称恋愛に疎い朴念仁である当時婚約者であった夫の人すら、「給料3ヶ月分の指輪を買わないと駄目ですか?」と聞いてきた位であったりする。ちなみに「?」が何故ついているかと言うと、3ヶ月分なんて買ったらそれなりのお金を婚約指輪のみにつぎ込むことになり、その分で何かこう役に立つものを買ったり、旅行に行ったりする方が良いのではないかと思っていたからだったりする。様はしわいやさんだからだ。むみゅう、あちきの婚約に3か月分の価値が無いと言うのですか?びゅびゅびゅびゅびゅ。

○ともあれ、自称朴念仁の夫の人は、一念発起して婚約指輪をリサーチしたらしい。折角買うのだから、「僕がデザインを選んだよ、ハニー。ささ、このお店のこの指輪が素敵な君にぴったりさ、ハハン」とやりたかった様である。その姿が似合うかといえばいささか疑問であるが、指輪を選び、店の場所を調べ、さあ、一緒に行きましょう、となったのは事実なのだ。但し、駅からの地図を見てもその店の場所が判らず、あちきが先導するというちょっとだけお間抜けな事実もあったのだけれど。

○さて、ついたお店は実におされさんなお店であった。場所も東京のおされスポット自由が丘だったので、半地下のお店におされな店員さんも配置され、入ったら最後、何かの罠で出られないかも知れない様なおされっぷりである。我々のおされぽいんつは低いので、危ない。敵は百戦錬磨のおされ店員さんである。おされショップ故に、前面ガラス張りであり、半地下への階段を降りている間も、おされ店員さんにほほえみロックオンされている。このおされ階段は、おされショップ専用の階段であるからして、降りてくるやつで店の関係者以外は客なのだ。

○そんなおされ店で、夫の人一押しの指輪を買ってもらったのであるが、実はここまでは今回の雑文の導入であったりするからたちが悪い。ふっふっふ。

○そんな婚約指輪であるが、結婚指輪も同じ店で購入し、二つを重ねてつけるのもお勧めですよ、とおされ店員さんに言われたのでお出かけする時など「おほほほほ、わたくしのマリッジリングとエンゲージリングは合体ロボですのよ。わたしく優雅なセレブマダムですのよ」などという意味不明の事を脳裏に浮かべつつ、装着していたのですよ。

○そんな結婚一年目の冬、合体ロボリング状態から合体を家事をすべく、婚約指輪の方をはずしてコタツの上に置いた、つもりだった。が、なんと婚約指輪が忽然と見当たらなくなってしまったのだ。ずっぎゅーん!もきゅう、確かに、確かにコタツの上に置いたと思ったのだが・・・。コタツ布団を振り回して捜索活動をはじめるあちき。床に落ちたのかも、と四つんばいでしゃかしゃかとフローリングを探し回るが見つからない。やばいのである。このままでは、
 「何だとぉ!俺様が血と汗を流しながら買った婚約指輪を無くしたと!?」
 「ごめんにょ」
 「ごめんじゃ済まないっ!いくらしたか知っているだろ。あの指輪を買う為に、俺様は毎日うどんを食べて我慢しているんだっ!」
 「う、うろんは我慢でなくて趣味では?」
 「口答えはゆるさ〜ん!離婚だ離婚!出て行けー!」
 「もっきゅーん!」
となってしまうかも知れない。しゃかしゃか。

○結局、見つからないのでその日の夜、仕事から帰って来た夫の人に「指輪なくした」と報告。妄想の様な会話は無く、見つけたら渡すよ、だけで終わりだったのですよ。これってあれですか?あちきが良く物を積んで埋めるから、言っても仕方が無いという結果になりましたか?その後、ふと思い出した様に「見つからないねぇ」と言われていたのですが、それはプレッシャーですか?

○そんな指輪ですが、無くしてから約1年半経過の先日予想だにしない所から出て来てびっくりしている次第です。・・・・・・。何でコタツの上に置いたはずが、机の引き出しから出て来るですか?しかも、HDレイドのドライバデータの入ったディスクを探している時に。こりは、あれですか?あちきの秘められたる必殺ぱぅわぁが、指輪をワープさせたとかさせないとか、エントロピーが増大したとかしていないとか、ケイオスが出現したとかしてないとか、そういう事ですか?コタツの上に乗せたのが勘違いで、無意識で引き出しにしまっていたと、そういう事ですか?

○指輪が見つかったのはめでたいのですが、今必要なのは、HDレイド用ドライバの入ったFD、乃至CDなのですが・・・。結局、ドライバソフトの入ったものは見つからず、夫の人がネットで検索して手に入れてくれました。良かった良かった。

○その後、夫の人に指輪を見せびらかしていると、無くさない様にしないとね、と生暖かい微笑をされてしまったので、内心かなり気にしている事が判明した訳ですが、まあ、見つかったのでおっけぃと言う事で。そういえば、あちきの母も婚約指輪を無くしており、未だに紛失したままな訳ですが、これも遺伝なのでしょうか?<違います。

前へ雑文のトップへ次へ