かすみ荘 - 父とわたくし:今年も俺ルールで飛ばすぜ。
[もどりゅ]

ACT053:父とゼスチャー(2002.01.08)


◇明けましておめでとうございます、と始めるにはちょいと日数が経ってしまったのですが、日記やら雑文でも書いている通り、ぶっ倒れていたかすみの2002年初めての父報告なので書いてみました。ういうい。

◇ええと、今回は一応前回の報告から。全国100万人の父ファンの女子高生の皆さんから応援をいただいていた、?父、宝くじで1千万円貰って仕事辞めちゃうぞ?プロジェクトは、宝くじが当たらなかった為頓挫しました。実は、父もこそーりと10枚の宝くじを購入しており、母と妹に「買ってるんならいいなよ」「買えって言われた時はもう買ってたよ」「何で黙ってたのよ」「買えとは言われたけど買ったって聞かれなかったよ」などと抗議されたりもしておりました。

◇そんな父ですが、今年も早速新年早々迷子になってしまいました。気をつけないと徘徊老人のレッテルを貼られてしまいます。雑文にちょこっと書いた迷子の父、今回はその報告でございます。

◇1月2日、阪急デパートの初売りにはせ参じた我が家族は、己の目的の福袋を買うべく二手に分かれた。阪急オリジナル福袋購入列に並ぶ両親。各ショップ福袋購入列に並ぶかすみ、かすみ弟、弟嫁、妹。

◇総勢6人のうち通信手段を持たないのは父のみである。関係は無いが、かすみ以外の皆はあいどーもを使っていたりする。うう、携帯電話なぞいらぬわ、かすみはPHSで頑張るのよぉ。何を頑張ると言うのだかすみ、わかりません。

◇で、子供達と合流する前に、父はちょっと見ておきたい店を思いついたのだそうな。ので、母に「3階の店に行ってくる」と言って颯爽とエスカレーターに飛び乗った。この颯爽とというのは母が言った表現なので、父は颯爽とエスカレーターに乗ったのであろう、母ビジョンの中では。母は、さっさとエスカレーターに乗った父に此処で待っている、と手で示したそうな。いわゆるジェスチャーというやつで。

◇んで、かすみ達が待ち合わせの2階のエスカレーター脇に行くと、母がぼげぇ〜と突っ立っていた。
「お父さん、上に行ったまま帰って来ないの」

◇その時、父は迷子になっていなかったと後に主張している。母を捜して1階にいたのだそうな。母が父に行った身振りは、人差し指を下に向けてぴこぴこっと指し示したらしい。この合図は母から父への「ここで待っている」の合図だったのだが、父は、1階を見に行く、と受け取ったのだった。

◇普通、自分が通信手段を持っていないのに一人で行くのであれば、残された人はそうそう動き回ったりしないのではないだろうか。ましてや広い百貨店のほかのフロアに行ったりはしないのではないだろうか。そう考えてしかるべきなのではないだろうか。が、父は父なのである。たとえ自分宛ての通信手段が無かろうが、平気でさすらう男なのである。自分がさすらうから、人もさすらう。俺は違うフロアに行くから、人も行く。俺、価値判断恐るべし。

◇そんな訳で、あっけらかんとして戻って来た父の開口一番の台詞は「何で1階に行くって言って2階にいるんだよ。俺、1階全部探し回ったんだぞ」というもの。母が此処にいるっていう意味だった、お父さんは電話を持っていないと言っても、「下を指してたら下の階って普通思うだろ。それに昔は電話なんかなかったけど買い物出来たぞ」との事。いや、父よ、貴方が間違っていると思います。

◇だいたいさあ、お母さんと30年以上夫婦やってるんだからわかるでしょ、それくらい、というかすみの言葉に対しても「今までは下を指したら下の階でした」「そんな事してません」「してました」と水掛け論に。その後、母が迷子!と断言した父と妹のバトルが始まったりした。新年早々、父は父、である。

教訓:お互い意思疎通が出来ていると思っても確認は取った方が良い


前へ父とわたくしのTOPへ次へ